二日市の天六食堂でビールにおつまみサービス!有名なちゃんぽんと大衆食堂らしいボリュームたっぷりのトンカツ定食

食堂・定食JR二日市駅, 二日市温泉

ずっと気になってた天六食堂のちゃんぽんを食べに行きました!ついでにビールも(笑)

それと一緒に注文したトンカツ定食のボリュームがすごかったです。

というわけで初訪問の天六食堂を紹介します。

二日市の天六食堂はうどんや丼物が中心の食事メニューばかりの大衆食堂

二日市の天六食堂

以前、筑紫野市役所があった場所の前に天六食堂があります。

最寄りはJR二日市駅で徒歩5~6分。

二日市温泉からも徒歩5分の距離です。

見た目は完全に昔ながらの食堂。

天六食堂のメニュー

お店の外に黒板のメニューが。

かけうどんの280円からと何ともリーズナブルなラインナップ。

うどんや丼物が中心の食事系メニューでおつまみになるような商品はあんまりなさそう~。

「野菜イタメ」「オカズのみ」っていうのがあるけど、どうかな?

店内は昭和っぽい雰囲気の不思議と落ち着く空間

天六食堂の店内

店内は昭和っぽい雰囲気。

広さはないけど、不思議と落ち着く空間でした。

天六食堂のテーブル席

テーブル席が4卓と、

天六食堂の小上がりの座敷スペース

小上がりの座敷スペースもありました。

天六食堂の漫画

漫画がたくさん!

クローズとかウシジマくんとか男性向けばかりなのは、きっと男性の常連さんが多いんでしょうね~。

天六食堂はお水やお茶がセルフ

お茶とかお水は自由な感じ。

天六食堂のあいさつ文

「リハビリをしながらぼちぼちやっていきます」とのことなので、ある程度時間に余裕があるときに来るのが良さそうですね!

ビールにおつまみサービスと有名なちゃんぽんとボリュームのあるトンカツ定食

天六食堂のビールのおつまみサービス

ビールを頼んだらお通しみたいな小鉢がついてきた!たまに見かけるような「おつまみサービス」かな??

天六食堂のカレー味のちくわ

小鉢はカレー味のちくわと、

天六食堂のひじきの煮物

ひじきの煮物。

ふたつも小鉢が来たのは二人だったから?

両方とも懐かしい味~。

それにしても食事の前にまったり飲めるのは嬉しい♪

天六食堂のちゃんぽん1

呑みながら待つこと10分、ちゃんぽん500円が来ました!

天六食堂のちゃんぽん2

スープは野菜をしっかり炒めてるからか、白というよりは茶色がかってる。

雑味があるのにコクがあって美味しい、家庭で作るようなちゃんぽんのスープですね~。

天六食堂のちゃんぽん3

豚肉・キャベツ・もやし・人参・かまぼこ2種類と、野菜がたっぷりだし500円とは思えない仕上がり。

クタっとした柔らかい野菜のちゃんぽんが好きなので、これはいい感じ!

天六食堂のちゃんぽんの麺

ちゃんぽん麺は特に変わったものでもないけど、しっかり量があったし、かなり満足な一品でした。

これで500円?安いねー。

天六食堂のトンカツ定食

トンカツ定食750円!ちゃんぽんとほとんど同時に来ました~。

このお店で一番高いメニューですよ~(笑)

それにしてもカツ大きくね?

大きいトンカツに目玉焼きとキャベツがついてて、ごはん・みそ汁・漬物・小鉢とかなりのボリューム。

旦那が頼んだけど、量が多いし、わたしにもパクパク食べさせてくれた(笑)

天六食堂のトンカツ

食べてみると、実はちょっと薄めのトンカツだった(笑)

それでもかなりの量だと思いますね。

見た目通り、トンカツ屋さんで食べるようなジューシーな豚肉ではありません。

でもB級グルメっぽくて美味しいんですよね~。

例えば仕事の合間の食事として、エネルギーを蓄えるのにおすすめな定食です。

トンカツは「もうすこしでソースカツじゃね?」というくらいソースがたっぷりでした。

味噌汁は甘めで、これも昔食べたような味。

コスパはかなり良いと思います。

二日市の天六食堂のまとめ

天六食堂は家庭の味が食べれる食堂でした。

値段が安いのにしっかり量があってコスパはかなり良いと思います!

会計終わってみたら、ビールについてきたお通しみたいな小鉢はやっぱりサービスだったみたいで、ビール代だけでした。これもお得ですよね~。

リピーターがかなり多いみたいだけどわかる気がする。だってお店を出た瞬間にまた来たいって思った。

食堂だというのに1時間近くいたかも(笑)ゆっくりさせてもらいました~

  • 住所:〒818-0071 福岡県筑紫野市二日市西1丁目5−8
  • 電話:092-922-2715
  • 営業時間:11:00~14:00、17:00~20:00
  • 定休日:日曜日
  • 駐車場:なし
記事はお役に立てましたか?
あなたのワンクリックが励みになります
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ